人差し指と中指

隣り合わせは打ちやすい。中指が1段上でも打ちやすい。

人差し指の内側

人差し指内側を人差し指で、人差し指のホーム列を中指で打つ。打ちやすさは通常の人差し指と中指の組み合わせと同じ。

内側からのアルペジオは自然に身につく。内側へのアルペジオは意識して練習しないと身につかない。初手が標準運指と同じかどうかが大きいんだと思う。

チョキコードでは内側からのアルペジオを「ゅう」や「ct」に利用している。

中指と薬指

隣り合わせならまあまあ打ちやすい。段がずれると打ちにくい。指を痛めてからは隣り合わせでも指が痛む。速く打てはするけど指への負担は大きいのではないかな。

薬指と小指

指を痛めるまでは使っていたけど、これは指への負担が大きい。避けるべきだと思う。

ロールの向き

総じて中指に近づく向きが打ちやすい。